ダブルガーゼで

先日小野原の百均で見つけたダブルガーゼの生地でプレゼント用マスク。ついでにずーっと前に手縫いした愛用のマスク(左上)のゴムも付け替えました。

Processed with MOLDIV

シーツで

火曜日。朝早く雨の降る前に畑。朝食の後は本降り。久しぶりにミシンを出して。中央がいたんでしまったタオルシーツ。上下の平織部分を二重にして、ワイシャツ生地を表にしてマスク。リバティの端切れで少しおめかし。ついでにタオルと夏用のアームカバーを、タオル地部分のいたんでないところで作りました。

Processed with MOLDIV

マスク

久しぶりにマスク作りました。古いエプロンの胸当ての部分と白いワイシャツで。以前にジーンズのジャケットとエプロンで作ったヨガ用のバッグとお揃いになりました。

マスク入れ

刺繍の入ったハンカチの、刺繍部分をはりつけて、マスク入れを。表はワイシャツ生地、裏はエプロン生地。最初の文字、Yか、Sか、どちらに見えますか?

Processed with MOLDIV

フリル

79号フリルをつくる。6センチ幅で8本のバイヤスフリル、両端に1センチの印をつけて裁断までできました。ところがテキストは後2冊。どこを読んでも布端のことがわからない。このまま裁ちっぱなしで行くべきか、1センチの縫い代を信じて始末すべきか。悩んでます。
がわからない。このまま裁ちっぱなしで行くべきか、1センチの縫い代を信じて始末すべきか。悩んでます。

キルティング完了

78号キルティング終わりました。テキストではアップリケもキルティングもミシンですることになっているのですが、あんなに大きなベッドカバーも手縫いで頑張ったんだからと、手縫いしました。さあ、後はフリルを作って、クッションに仕立てなねば。長かったシリーズも80号で終わりです。

Processed with MOLDIV

落としキルトまで

ピースをつないで、キルト芯と裏布をセットして、しつけして、布のはぎめの落としキルトまで。アップリケ周りのキルティングはまだまだ時間かかりそうです。