コップ袋

主人がお弁当に持っていくプラスチックのコップ。その大きさにぴったりの小さなタッパーにインスタントのコーヒーを入れて持っていきます。レギラーコーヒーの貰い物が沢山あるのですが、一人で何回も飲むのにはインスタントがいいのだとか。4年たって、コップ袋が傷んできたので新しいものを作りました。例によって古いシーツの布にあり合わせの小布を合わせて、紐はシーツの端の縫い目のところを使いました。

つくしの下絵

格子の型紙を作るのに、エクセルで作ってみました。ついでに黄土色や若草色、流行りのグリーンでも素材を作りました。
絵柄は何にしようかと思っていたら、以前にワードでつくしを描いたのをおもいだしました。
調べてみたら、今月の宿題2005年の3月にありました。わーっ、もう16年も前です!
まずは下絵としてプリントアウトしてみました。明日にでも描いてみたいと思います。

縫い物キット

久しぶりの縫い物キット、リバティプリントでハンドメイド68号。型紙カットして、布の印付けからのアップリケ、刺繍。こんなに面倒なことをコツコツしたものだと、あきれます。この20センチ四方の布をつないでロングクッション、なんとか完成せねば。

Processed with MOLDIV

段ボール工作

NHKテレビの「DAN家具に囲まれて」を、ビデオに撮ってみています。元々ダンボールは好きなのですが、定規を当ててカットしたり、正確な寸法で製図したりするのは苦手なので、おかきの箱を浅く折り曲げてみかん入れにしたり、ドリンクの箱に包装紙やカレンダーの絵を貼り付けて、メモ入れや色鉛筆入れにしたり。いつかは思うままの大きさの小物入れなど作りたいなあと思ってます。

Processed with MOLDIV

バイヤスマスク

薄いハンカチで作ったお気に入りのバイヤスマスクがくたびれてきたので、厚めの布で冬用作ってみました。まだゴワゴワして馴染みませんが。

炊飯器でお餅つき

餅米をいただきました。主人の実家で使っていた餅つき機が長い間物置に眠っていたのですが、結局は一度も使わず数年前に処分しました。普段だと餅米は赤飯やぼた餅になります。せっかくお正月前なので、なんとかお餅にすることにしました。田舎では一晩水につけていましたが、少しだからと2時間だけつけました。炊飯器で炊きおこわの水加減で炊きました。しゃもじでこねて、底の平なタッパーでぺったんぺったん。なんとかお餅らしきものがができました。出来立ては小豆をまぶしてすぐにお腹に収まり、お鏡と家族のお雑煮になりそうです。

Processed with MOLDIV

今度はミニトマトで

今年最後のミニトマト。赤くなったもの、なりそうなもの、青いものに分けました。で、青いものはやっぱりジャムに。重量の1/3の砂糖を入れてぐつぐつ。

Processed with MOLDIV